ピアノを始めたきっかけと今更「別れの曲」が弾きたい話。

日々思うこと

こんにちは。

昨日から腰がちょいおかしいスピカです。

ソファーでふんぞりかえって座っていたら腰を痛めました。

腰にはしっかりクッションを当てて座ることをおすすめします 😥

スポンサーリンク

ピアノを始めたきっかけ

私は4歳からピアノを習っていました。

いつも保育所におばあちゃんが迎えに来てくれてその後おばあちゃんの家で過ごすスタイルだったので多分その暇な時間に近所の地区の公民館にあるピアノ教室に通うことになったんです。

もちろん4歳だし嫌とか行きたいとか何も思わず親に言われるがままに行きだした感じです。

母は大学に入ってからピアノを始めた人らしく当時通っていた教会学校でピアノ伴奏もしていたようです。

母と母の親友が教会学校に行きだしたのは高校生の時らしいのですが、理由は英会話教室があったかららしいです。

その後都会の大学に行った母は大学もキリスト教系だったのもあったためか継続して教会学校に通い続け、ピアノを練習して伴奏していたようです。結局、若者ということで教会学校の運営に加えられていたという感じですね。

当時、英会話を習おうと思ったら教会にいる海外から来ている宣教師の外国人の先生に教わりに行くのが普通だったみたいです。

今でこそ教会とかはちょっと怪しい感じで見られる所ではありますが当時はお医者さんや先生など結構良い職業の方々の社交場にもなっていたらしいです。

母の生まれは田舎の農家でもちろんお仏壇がある仏教ですから教会に通う事自体、当時反対されたんでは?と思うんですがどうなんだろう?

で、当然私にもピアノを習わせたいと思ったんでしょうね。

そこのピアノ教室はカワイ系だったと思います。カワイが出していた統一のレッスンバッグと教室に行ったら帰りに進捗状況に応じて貼ってくれるシールブックもセットで持たされていました。

バイエルは上下巻のやつでした。

このバイエル結局4歳から始めて12歳くらいまでかかりました!長過ぎ~。

大体、コツコツ毎日練習ができない子供だったので嫌々やってたし練習中母に叩かれたりして泣きながら練習した事もあるし。

スパルタとかじゃなくて単に私がやる気無くて練習をサボるばっかりで泣かされるというタイプ。

でもそれでも練習しようとか思えなかったです。特にやる気が無く。

その後高校辺りまで習ってバッハインベンションを少しやって辞めました。ほとんど有名な曲何も弾けない奴です。

でもね、今こんな歳になってやっぱりちゃんと練習しとけば良かった、あの曲もこの曲も弾けるようになるまで続ければ良かったと思うことが多いわけです。

ピアノを売って後悔

今家にピアノはもうないです。

ずっと母が18歳の時におばあちゃんに買ってもらったヤマハのピアノが家にあったんですが数年前家の中の整理をしていたときに思い切って売ってしまいました。

でも売ったときはやっぱり思ったより悲しかったですね。ずーっと何年ももう弾いてなかったのに子供の頃から触っていた楽器だったためか悲しかった。

あのヤマハのピアノ今どこで誰に弾かれてるんだろう?二度と同じ子に会えることはないだろうな。ピアノは全てナンバーがふられてると思うからどこの国に行ったかくらいはわかるんだろうか?

噂では日本の中古ピアノはほとんど中国を中心に海外にいってるらしいので絶対日本にいないだろうな。

でもほとんど弾かない私といるよりちゃんと弾いてかわいがってくれる人のところにいる方がピアノ冥利に尽きるかもしれないとも思っています。

大人になってみるとピアノが弾ける人というのは本当にすごいなと思うし有名な曲や素敵な曲をピアノで弾けるのは本当にうらやましいです。

大人になってあれしとけばよかった、って思う事多いですよね。

今練習するならショパンの「別れの曲」が弾きたいです。

かなり難しい曲みたいでピアノも無いしあるのは倉庫にキーボードだけ・・・。鍵盤が足りない。

でも今趣味の一つとしてキーボードでもピアノ練習するのもありかなと思っています。

ピアノって両手を使って弾いて同時に楽譜も読むしどうやら脳に良いみたいなんですよね。

毎日鬱っぽい母にも勧めてみようかな。でも倉庫からキーボードを出すのがまた大騒動になるからなかなか始められないかな。

 

★お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらブログを書く励みになりますので応援をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました